キャバクラ・クラブ・パブ

法第2条第1項第2号の営業で、「待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業(キャバレーに該当する営業を除く)」という規定になっています。

 

法律の規定を見ますと何か古臭い言葉が並んでいて分かりづらいですが、簡単に言いますとお客さんに対してお酌したり、お客さんと談笑したりデュエットしたりする営業となります。

 

巷でいうところのキャバクラ・クラブ・パブなどのほとんどはこの営業に該当します。

キャバクラなど社交飲食店の構造及び設備の技術上の基準

以下の基準を満たしていないと許可を受けることが出来ません。

 

1.客室の床面積は、和風の客室に係るものにあっては1室の床面積を9.5u以上とし、その他のものにあっては16.5u以上とすること。ただし、客室の数が1室のみである場合は、このかぎりでない。

 

2.客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。

 

3.客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。

 

4.善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと。

 

5.客室の出入り口に施錠の設備を設けないこと。ただし、営業所外に直接通ずる客室の出入り口については、この限りではない。

 

6.営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。

 

7.騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。

※ 数値は45デシベル〜60デシベルですが地域・時間帯により異なります。詳細はお問い合わせください。

 

8.ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。

 

free3.gif 0120−5480−44 受付時間 9:00〜21:00)

メールでのご相談はこちら